冬は寒くて電気代が高くつく!?

部屋が広くオシャレに見えるという理由で、住宅を建てる人にとって憧れの吹き抜け。天窓から光が差し込み、室内も明るくなるなどメリットしかないのでは?と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし実際に住んでみると、メリットばかりではなくデメリットもちゃんとあるのです。皆さんは『冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へ』という空気の性質をご存知でしょうか。つまり、冬は暖かい空気が上へ昇っていってしまうため、せっかくエアコンで暖められた空気が部屋の吹き抜け部分に集まってしまうのです。そのため部屋がなかなか暖まったように感じられず、エアコンの温度設定を高くするため電気代がかさみ易いのです。一年のうちで3~4か月の電気代が高くなるというのは、結構痛い出費ですね。

高いところの掃除が大変!

床は毎日、とは言わなくても2~3日に一度掃除をする人が多いと思います。それでも結構埃はたまりますよね。それと同じで、天窓の桟や吹き抜けの梁にも埃は溜まります。普段目につかない所なので頻繁に掃除する必要はありませんが、吹き抜けから埃がはらはら・・・なんて事になれば、せっかくのオシャレな気分も台無しなので、ワンシーズンに一度くらい掃除をするのがオススメです。 ではどうやって掃除をするのか。方法は2つあります。1つ目は、高所専用のモップなどを購入して自分で掃除する方法ですが、こちらは意外と体力が必要です。そして2つ目は、専門業者に依頼する方法ですが、こちらは定期的に依頼するとなかなかの費用がかかってしまいます。費用や労力とオシャレさを天秤にかけて、それでもオシャレさを取りたいという人に、吹き抜けは向いていると言えるのではないでしょうか。