子供部屋にウォークインクローゼット?

『ウォークインクローゼット』それは主婦の憧れではないでしょうか?
衣替えをすることなく、洋服やパジャマ、バッグや着る事は無いけれどどうしても捨てられない思い出のお洋服や荷物を収納できる、今では無くてはならないお部屋の一つとも言えます。

さて、それではどこに設けるのが正解なのでしょう?もちろん家族構成や生活形態にもよりすが、やはり寝室と各子供部屋にはあると便利ですよね。最近では子供部屋は小さくてもよいと言われる事もありますが、個人的には反対です。いつかは家を離れる、けれどそれは何年後でしょうか?子供は成長し共に荷物が確実に増えていきます。いつまでも可愛らしい子供荷物ではなくなります。その増えた荷物はどこにいくのでしょうか?
リビングや廊下を数年後の大きくなった子供の荷物で占領されない為にも子供部屋は少し大きく、ウォークインクローゼットの設置を強くお勧めします。

浴室に続くウォークインクローゼットのメリット

ウォークインクローゼットは寝室や子供部屋にある事が多いかと思いますが、私のお勧めは玄関から直接入る事のできる場所です。
玄関から家族だけが入るシューズクローゼット、そこからウォークインクローゼットに入ります。加えてそこからの洗面、浴室に続けば毎日洗濯ができないスーツ、制服、コートや鞄も室内に持ち込む事なく、1日の汚れやウィルス、花粉等を浴室で洗い流すことができます。
シャツや靴下などの収納も設ける事で、朝の用意もぐっと楽になりますよ。
間取りを少し大きく出来れば、ベビーカーや自転車、ペットの荷物やBBQの荷物、廃棄するダンボールの一時置き場所にも使えますよね。
玄関横のウォークインクローゼットで、いつも綺麗なモデルルームのようなお玄関はいかがでしょうか。

一戸建ては自分たちだけの空間なので、子どもが遊び回って物音を立てても気にしなくていいため、子どもがのびのび成長できる環境です。